Fall is almost here?

今日は秋の始まりを感じさせられるような涼しい日でしたね!

夏が終わったら、秋といえばハロウィンがありますね!日本におけるハロウィンはもはや若者達向けのパーティ行事のようになっています。

元々はケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていましたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていました。(ウィキペディアより)
image

時が経ちハロウィンは民間行事となりJack-o’-lantern ( カボチャに顔の形をくりぬいたもの)を外に飾ったり、” Trick or Treat!” 「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!」と言いながら近所を訪れお菓子をもらうなど時が経つと同時に風習が変わっているようです。

そういえばイギリスにステイしていた頃、大学の先生が「Trick or Treatはアメリカ人だけがやってることよっ」とイギリスはアメリカとは違う国なんだと強く発言されていたのを思い出します。_φ( ̄ー ̄ )

日本ではハロウィン=コスプレ大会のようなイメージになりがちですが、こうやって行事の歴史を知ってみるのも勉強になって良いですね!
今年のハロウィンは、元々の風習に近いスタイルで楽しんでみたいと思います!

でも、日本にあんな大きなカボチャがあるのかな? (^O^)/

Have a nice week!

あと二回

こんにちは ポケット英会話のショウジです。
つい先日 昔の自分の書いた 英語で日記を見つけて読んでみました。懐かしくもあり 恥ずかしくもありましたが、いい思い出とともに 読み返しました。

そこで 発見したのは、まだまだ未熟な文章でしたが、一生懸命 ルールを守ろうと努力している様子でした。

皆さんにも再三 お話してきたように
まずは 日本語の文を先に作らない
     語順 誰が どうする 何を どこで いつ これを守ること、
     時系列 時制を気にする 動詞の変化をとくに 

このルールをまもって書いてあるものは あとで読み返しても 間違っていたとしても きっとこんな内容だろうなと想像がつきます。

皆さんも 記録に残してみてくださいね。
自分の英語力を!